最近のコピー機は驚くくらいたくさんの機能がついているものがほとんどです。

音が静かだとか、省エネモードがついているだとかそういった機能だとかもありますが、たいていのコピー機はそれだけにとどまりません。

タイムレコーダーの勤怠管理が最近話題になっています。

モノクロコピーはもちろん、カラーコピー、両面コピーに高速コピーなんてのは基本機能といえるでしょう。

ファックスと兼用、スキャナーつきなんてものはそう珍しいものでもないでしょう。


ですが、機能が多くなるにしたがってそれだけ操作が複雑になり操作方法を覚えるのが大変になってしまいます。

特に操作に難を覚えるのは年配の方です。

今、注目の基板実装について気になる方はこちらです。

コピーをとるといったことは簡単な仕事だからと新人の仕事となっていることも多いかと思います。

そうすると年配の方が、自分でコピー機を動かす機会はなかなかめぐってきません。そのため、いざ自分がコピー機を使おうと思ったときにあまりにも多機能すぎて操作の仕方がわからない、なんてことにもなりかねません。



そのたびに部下を呼んでコピーを取ってもらったり、何度も同じ操作について質問をするのは上司側からも部下側からも面倒で嫌なものです。

格安カードプリンタのお役立ちコンテンツ満載です。

そうならないためには普段から自分でコピーするようにしておくのが一番手っ取り早いでしょう。

非破壊検査についての情報を簡単に探すことができます。

ですが、新人育成のためだとか何かしら理由があってそれが出来ないこともあるでしょう。ならば上司も部下も気持ちよく仕事をするためにもシンプルな本当にコピーしか出来ないようなものも1台置いておく、といったことも視野にいれていただきたいものです。

http://jeass.or.jp/
http://chiebukuro.yahoo.co.jp/tag/tags.php?tag=%E6%A9%9F%E6%A2%B0%E5%9B%B3%E9%9D%A2
http://aeha-nintei.com/


 
Copyright (C) 2016 コピー機が多機能なので持っている欠点 All Rights Reserved.